PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

百代ちゃん。


こんにちは。Ren's豆です。
あまりの悲しさに、怒りをおさえることのできない事件がおきてしまいました。

見つかりますように。
この記事を読んでから、百代ちゃんというフレンチブルドッグが迷子になってしまったことを知りました。
ヒマが出来ては、blogをチェックしに行き、

遠くから、無事に飼い主様のところへ帰ってくることを願っていたのに・・・。


百代連れ去り事件真相

こんなことって考えられます?

たんなる自己満足のために、人の家族を横取りし、命まで奪ってしまうなんて。
絶句です。

ひどすぎる。
飼い主様のお気持ちは、あまりに悲しすぎて残酷すぎて、計り知れません。
 
動物だって、家族です。

アクセサリーじゃないんです。

犯人には、2人の子供がいると書いてあります。
もし、自分の子供が同じことになったら、どう思うのでしょう?


きちんとした罰が下されるように、そして飼い主様が
〝どの道ツライなら、百代のこと、たくさんの人に知って欲しい。
このまま風化されては百代だって浮かばれないのではないか?〟

と思っていらっしゃるということで、記事にしました。
必ず!!必ず!!必ず!! きちんとした罰が下されますように!!!

最後に、百代ちゃんのご冥福を、お祈り申し上げます。

 


追記:この記事へコメントをくださる方々へ。
いつもコメントありがとうございます。

毎日のコメントを楽しみに拝見させて頂き、ものすごく励みになっております。
ただ・・・今回のこの記事に関しましては、私一個人の問題ではございません。
ただでさえ、飼い主様、関係者の方々の心情をお察しすると、胸が痛むこの事件。

私の感情も、かなり高ぶっており、平常心での返信は出来かねると思います。

それによって、飼い主様、関係者様のお心を、さらに傷つけてしまう可能性があるかと考え、
申し訳御座いませんが、この記事へのコメント返信は、控えさせていただきます。
どうか・・・ご了承くださいませ。

 

スポンサーサイト

| 日記 | 14:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

記事読ませていただきました。
こんな酷い事があったんですね。
信じられません。
読んでいて涙が出てしまいました。
自分勝手に人の家族奪っといて見つかったら捨てるってどんな神経をしてたらそんなことができるのでしょう?
だいたい投げることを思いつくことがまずありえない。
百代ちゃんのそんな姿を目の当たりにした飼い主さんはどんな気持ちだったでしょう。想像もできません。
どうしてこういう事件がなくならないのでしょう。
悲しくて悔しくてたまりません。
どうかこの犯人にいつかちゃんとした罰が与えられますように。
そしてこの犯人の子供達がちゃんとした大人に育ってくれますように。。。
百代ちゃんが虹の橋で元気に過ごせますように。。。

| ねこばか | 2006/09/01 16:31 | URL | ≫ EDIT

驚きと悔しさと悲しみでいっぱいです。
今も手が震えてます。
こんな事があっていいのだろうか・・・・・。
犯人にはきちんとした罰が与えられるべきです。過激かもしれませんが、同じ目にあわせてやりたいとも思ってしまいます。
本当に痛ましい悲しい事件です。
私のブログでも取り上げさせて頂こうと思います。
百代ちゃんが虹の橋で走り回っている事を信じて。

| barai | 2006/09/02 01:24 | URL | ≫ EDIT

度々すみません。百代ちゃんの事を記事にさせて頂いたのですが、その記事にRen's豆さんの所で知ったという記載をしました。
もしかしてご迷惑になってはと思いました。その場合、記事内の紹介を削除しますので、お知らせ下さいね。勝手にごめんなさい。

| barai | 2006/09/02 09:09 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
この様な痛ましい事件で初コメントは少し残念ですが、
黙っては要られなかったので・・。
私は最近「こげんた」事件を知ったばかりで、もうこんな悲しいことは起こって欲しくないと思っていた矢先の出来事で、
正直怒りが込み上げました。
命はもっと重いはずなのに・・。

| ぐーたらママ | 2006/09/02 21:46 | URL | ≫ EDIT

実は私もペットに関しては色々と辛い思い出があります。
幼い頃飼っていたシェットランドシープドッグにはいつも小さな石ころから漬物石のような大きなものまで投げつけいれられたことがありました。犯人は知っていましたが、近所なのでどうすることも出来ませんでした。
外中で飼っていた猫は近所の人に、毒を盛られて死にました。
つい最近まで飼っていたイングリッシュセターは(犯人不明ですが)何者かに連れ去られて今も見つかっていません。
本当に本当に心無い人に沢山傷つけられてきました。
どうして、こんなことがいつの時代も起きてしまうのだろう、起こるたびに、怒りや憎しみ、悲しみがたえません。
動物をよく思わない人がいるのはわかりますが、もっと方法があるはずだと、いつも思います。
そのたびに思うことは、いつか、悔しい、悲しい、こういった事件が起こらない世界がきてほしい、ということです。
あまりにも、こういった、気持ちにシンクロし過ぎてしまい、汚い言葉などになってしまいそうなので、沢山の心無い人間によって犠牲になった動物達が、天国で幸せになってくれることを信じて、しめさせていただきます。

| EYES | 2006/09/03 20:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mcren.blog93.fc2.com/tb.php/57-84855973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。